2007年09月10日

おもちゃのチャチャチャ

この週末のお話も書きたいのですが、まずは先にヲタ話からです。

旅行に必ず持って行くパソコンは、東芝 dynabook SS S7 という、今から4年前の春に出たB5サイズ・モバイルパソコン。
メモリはそれほどないし、今となってはCPUも可愛いものですが、ちゃんと Windows XP が走っています。
ただ、東芝がノートPC22年の結晶、という dynabook SS RX1/T9A を出してきて、正直心が揺れました。バッテリーは持ちそうだし、軽いし、いいなぁ。

このダイナブック RX1/T9A は、ハードディスクの代わりに SSD(Solid State Drive)を載せています。いや、SSD って何? と僕も思ったんですよ、最初。
どうやら HDD の代わりになる、巨大なフラッシュメモリ(言うなれば、USBメモリのハードディスク相当版?)を SSD というようです。
S7 に載せたら、早くなるかな。
昔、PC9801 VM21 なんていうパソコンに、メモリボードを載せて、仮想(フロッピー)ディスクにしたら、一太郎の変換が無茶苦茶早くなって感動したのを思い出しました。

そこで早速情報収集。価格ドットコムやら個人のブログ(T's Weblog)などを読んでいるうちに、やっぱり新しいパソコンよりも今の S7 に SSD 載せればいいんだよね、と確信するにいたりまして、気付いたら「どこで安く買えるかな〜」と検索する日々。
珍しく、欲しいものの物品リストを作って、どこで買えるかお買い物メモなんて作って、これを手に8月の終わりに秋葉原へ行きました。在庫が心もとない、という噂でしたが、32GB のサムスン製 SSD(Samsung MCBOE32G8APR-0XA 1.8インチ IDE) をクレバリーで無事に入手。税込 59,818円でした。でもあとで秋葉をうろついたら、T-ZONE PC DIY SHOP でも見つけて、59,800円。しかも夕方タイムサービスでさらに2割引って、なんなのよ(涙)。ま、いっか。

さらに「イッコイチBOX 1.8inch CSG18U2T」 という HDD ケースを秋葉館で購入。これも探せば、他にもいくつかのお店にありました。
HDD を別の HDD に丸ごとコピーしてくれるソフトも購入。USB で外付けした HDD にもコピー可能なソフトは、「LB コピーコマンダー」と「HD革命/CopyDrive Ver.2.5」ですが、ソフマップで悩んだ挙句、ちょっと安かった「LB コピーコマンダー」を購入しました(これが失敗だったんですが)。

帰宅して SSD を HDD ケースを使ってパソコンに USB 接続。ちゃんと認識してくれます。ワクワクしながら HDD のコピーを開始したら、なぜか途中でソフトがフリーズ。色々やってもダメで、サポートセンターに相談したのですが、現在まで問題が解決できてません。
仕方がないので、次に「Acronis Disk Director Suite」でパーティションを丸ごとコピーしてみたのですが、今度は Windows の起動途中でフリーズ。
困り果てて「HDD コピー」とか「HDD 交換」とか「HDD 換装 コピー」とか思いつくキーワードをいれてぐぐってみましたら、ITAYA さんのWebにたどり着きました。
このWebはすごいです。「Windows 2000/XP/2003/Vista TIPS」の記事を参考に、Disk Probe を手に入れ色々試みた挙句、やはりうまくいかないので掲示板で質問しましたら、本当に丁寧な回答をいただきました。
結局どうやってもダメだったので、思い切って楽天ダウンロードからHD革命/CopyDrive Ver.2.5 を入手して試してみたら、こちらは全く何のトラブルもなく、すんなりコピー終了。HDD と SSD を載せ換えて起動してみたら、無事に Windows が立ち上がりました。拍子抜けするくらい簡単に換装終了。ちょっと感動です。

実は先の T's Weblog で、dynabook SS S8 の搭載メモリを、768MB という仕様上の上限を超えて 1.2GB にできた、という記事を読んで、こちらにも心揺れました。
記事によれば、dynabook SS S7 に搭載可能な 1GB のメモリはトランセンドの TS128MSD64V3A しかないようです。トランセンドジャパンのWebには、S7 のビジネスモデル SS 2100 が対象機種として載っているので、多分大丈夫だろうと楽天の上海問屋から購入。今のところここが最安値です。在庫の残り少ないけど。
電源コードを抜いて、大容量バッテリと内蔵バッテリを外してメモリを交換。こちらも無事に起動し、PC診断ツールでメモリチェックをすると、容量が 1280MB になっていました。カンペキです。

ちょっと古くなっていたおもちゃが、これである程度復活しました。
最近は飛行機の中でもラウンジでも、割と簡単にAC電源が手に入ります。大容量バッテリ外せば、重さも軽くて 1.09kg。
まだまだ当分は旅のパートナーとして現役続行です。
これが今回の沖縄旅行前にできていれば、もっと嬉しかったんですが、まぁ秋の長期休暇には間に合ったから、いいか。


今回のドタバタを最短コースでいくとしたら、こんな↓感じです。

1.1.8インチ HDD 用の HDD ケースを用意(イッコイチBOX 1.8inch)
2.1.8インチ SSD をこのケースに入れて S7 に USB 接続
3.HDD コピーソフト(HD革命/CopyDrive Ver.2.5 ダウンロード版)を使って、S7 の HDD を丸ごと SSD にコピー
4.HDD と SSD を入れ替え

パソコンから外した HDD は、 HDD ケースを使って外付け HDD として使用します。
お好みに応じて、パーティション管理ソフトを使って、HDD リカバリー領域を削除、Windows 用のパーティションに振れば、32GB をめいっぱい利用可能です。

確か同じパソコン使っている友人がいました。
試してみたらいかがでしょう? かなり感動しますよ〜
posted by GO at 19:02 | Comment(7) | TrackBack(1) | 雑文
この記事へのコメント
うーーーーん。

おっしゃっている内容は、かなり漠然とですが、理解できそうな気がします。しかしながら、私にはとてもとてもこんな離れ業はできそうにありません。ノートパソコンにメモリを普通に増設するくらいが関の山です。

とはいえ、PC9801 VM21 なんて古いマシンを持ち出しちゃって。うちの職場にもおいてあったような気がします。昭和62年頃のマシンですよね。平成の初期に、5インチディスクで信長の野望とか、提督の決断とか、A列車で行こうIIIとか、遙かなるオーガスタを遊びまくっていました。残業の時、時間待ちの時は、ゲームばかりだったかも。

バイト代を貯めて、富士通のFM TOWNSを購入しようかなと、かなり真剣に迷っていましたが、ゲーム用としては、高価すぎてあきらめました。

最近自分の日記を書き込むパワーも涸れつつあります。
Posted by 豆井電球 at 2007年09月11日 00:15
うちのノート(Thinkpad s30)もちょうど(?)HDDが壊れたからSSDにしてみようかなあ。でもまだちょっと高いですね。

アキバで高いものを買ったら他の店をまわらずに目をつむってイチモクサンに帰らなきゃダメですよ ^^)
Posted by イワン at 2007年09月11日 10:07
>豆センセ
うひゃひゃひゃ、懐かしいゲームの名前、オンパレードですね。
「信長の野望」にはまっていた友人、いましたね。
「A列車で行こう」は、第1作にはまりました。
僕を含む周辺ではまりまくったのは、「大戦略」でした。もぉ、わいわい・がやがやと夜通し徹夜でやったもんです。
うん、ちょっと懐かしいです。

>イワンさま
骨折のリハビリをかねて、ノートパソコンの HDD 換装、とか(笑)。
あ、でも仕事と趣味の境界がなくなってしまって、リハビリにはなっても心休まらないか。

最近、そうたびたび秋葉に行くわけじゃないので、思わず色々なお店のぞいちゃいます。
じゃ、買い物を最後にすれば良いのでしょうが、もし売り切れたら、とか考えるとダメなあたり、小市民です私(爆)。

Posted by GO at 2007年09月13日 14:02
こんにちは。
こちらの記事をもっと早く見つけていれば…
今、まさに「コピーコマンダー」でコピーできなくて四苦八苦している所にここにたどり着きました。
結局だめだったんですね…
やっぱり革命のほうにしておけば良かった。
ちなみにUSB接続のHDDにコピーしようとしていまして、dynabookはリカバリ用の領域がHDD内にあるため、それがアクセス不可になってエラーとなっているのでは??という見解です。
実行ログを見ると「アクセス不可」と「ファンクションエラー」というエラーがありましたので…
あきらめて革命を購入することにします。
勉強になりました…
Posted by たこ at 2007年10月02日 19:40
>たこさん

僕もサポートセンターとやり取りしたんですが、今のところ回答が返ってきません。
結局、「安心システムを利用しての返品」を利用しました。

http://www.lifeboat.jp/support/index.html#4

ソフト側の問題で機能しない、という点をサポートセンターと確認ができれば、問題なく全額返金されます。領収書・購入時のレシートが残っていれば、ですが。

Posted by GO at 2007年10月03日 17:19
有用な情報ありがとうございます。

私も今サポとやり取りしてるのですが、件の実行ログのエラーについては何の解答も無く、chkdskログを送ってもらわないと回答の切り分けができないから「回答できません」との返事が(笑)

私はシステム屋なので、エラーを見たら(コピーコマンダーを)開発している人間はアタリが付いているであろうと思っています。
ただ面倒だしマニュアル化されて「chkdskログをもらったら」の段取りになっているのであろうと。

ご教授いただいた「安心システムを利用しての返品」を利用しようと思いますが、読んだ限りは「chkdskログ」を送っとかないと面倒になりそうですね。
まあ、フリーズしちゃうのでログがまともに取れませんが(笑)

勝手ながらまた結果を書き込ませていただきます。
ありがとうございます。
Posted by たこ at 2007年10月04日 10:16
ブログ更新がんばってください。
今後いろいろ参考にさせていただくかもしれません。
応援してます。

パソコンのカスタマイズに凝ってる人間ですが、よかったら私のブログにも、遊びに来てください。
Posted by SSDベンチOCZ at 2009年10月30日 19:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/54756923

この記事へのトラックバック

dynabook SS2110の内蔵HDDをSSDに交換
Excerpt: 東芝 dynabook SS2000/2010/2100/2110/2120/S...
Weblog: なべラボ
Tracked: 2008-12-29 00:33