2007年07月24日

私に人生と言えるものがあるなら

夏ですね。
今日は一日、とても暑かった。午前中のバイトを終えて病院に戻るときの、車の中の暑さったら、もう…
夏になると冬の寒さを思い、凍えているときには強い日差しを思い、まぁなんてわがままな人間なんだろう、とわが身を振り返ったりします。

先日、京成の特急で、浴衣姿の女の子たちを見かけました。
何かあるのかなぁ〜 と思いながらそのままにしていたのですが、つい最近、あれは浅草のほうづき市の日だったんだ、と思い至りました。
この日にお参りをすれば、四万六千日お参りをしたのと同じご利益があるんでしたね。
ふっと、昨年、このほうづき市に行ったのを思い出しました。

私に人生といえるものがあるなら あなたと過ごした あの夏の日々

確かほうづきの鉢を1つ買って、夕食は「今半」ですき焼きでした。
口に入れた瞬間に溶けて消えるお肉に驚きました。
西の都からみると、牛鍋ですか。浅草には、高村光太郎が愛した牛鍋屋さんがありましたっけ。

帰りに神谷バーに寄って、電気ブラン飲みましたね。
僕は普通の、連れは電気ブラン<オールド>でした。オールドって、アルコール度数40度ですから、強いんですけどねぇ。ビールをチェーサーに、クピクピ飲んでました。
その後1人で行ったことがありますが、お店の喧騒の中1人で飲む電気ブランは、ちっとも酔えなかったのを覚えています。

きらめく草の葉に 心がはずみ 野に咲く花に 心が通う

かずさアカデミアのホテルオークラのラウンジで、庭を眺めながら、研修が終わるのを待っていたとき。
初夏の陽射しにきらめく緑は、鮮やかで心躍りました。
来ると分かる人を待つのは、どんなに待たされても苦じゃないんですよね。
はにかんだように横に立ったときに、時間が止まりました。

許されるのなら やり直してみたい 出来ることなら あの日に帰りたい

でも人生に、「もしも」は無いんですよね。
振り返ってみれば、「もしも」と思う一瞬はいくつかあるのですが、その時にはその一瞬が大きな岐路に立っていると気付かなかった自分の鈍感さを、腹立たしく思うことがあります。
その瞬間の選択肢が違っていたら、あるいはあそこであんなことを言わなければ、違った「現在」があるはずで、それを思うとやりきれないような、いらだたしいような、不思議な焦燥にかられます。
今を後悔しているわけではないけれど、結果を受け入れるには、まだまだ青い自分を見つめています。諦観なんて永久にありえないのかもしれません。

私に人生といえるものがあるなら あなたと過ごした あの夏の日々

今夜思いっきりブルーなのは、すでにニュースになっている、院内であったゴタに気が滅入ったからで、決して結婚が決まったと教えられたからではありません。
まぁ人生は色々です。僕の生きてきた日々を振り返れば、私に人生といえるものがあるなら、というほど人生を分かっているわけじゃないし、まだまだジタバタしている最中なのですし。
C'est la vie. セ・ラ・ヴィ それが人生だ、と言える日はいつなのでしょうか。
posted by GO at 23:12 | Comment(16) | TrackBack(0) | 雑文
この記事へのコメント
私に人生といえるものがあるなら・・・なんて謙虚
な方でしょう。
人生って間違いなく皆にあります。生き方はそれぞれですけどね。
私は死ぬまで人生だと思います。
年齢を重ねても常に何かに挑戦していきたい。
デス

Posted by らら at 2007年07月25日 13:56
先に教えてもらって良かったじゃないですか〜。
これでGOさんもいつでも安心して幸せ報告できますし(^^)b
男性が先だとなかなか言い難いもんでしょうし、
先方はもっと受け入れがたいかも?(`ロ´)

あっ、ブルーな原因はこれじゃないんですよね(爆)
でも、、、、自分の決めた道を信じて歩くしかないでしょっ!
別のレールを歩き出した人よりも、
今まさにすれ違わんとしている人に目を向けるべし!
Posted by べすちん at 2007年07月26日 01:54
おはようございます。
そうよね〜、色々ありますよね〜、思い出。
普段は、バタバタしていて記憶の底に沈んでいるけで、やっぱりね、時々思い出すのよね〜。
計算通りに進むことが少なくて、色々あるからいいのかもしれませんね。
Posted by 豆井電球 at 2007年07月26日 09:00
>ららさん
生きることに謙虚でありたい、とは思っていますが、人生とは? とか尋ねられると、本当に分からないことばかりですね。

坂本龍馬ではないですが、たとえ泥中に倒るるとも前のめりでありたい、という生き方ができたら素敵だと思います。


>べすちん
もう東京方面ではテレビのニュースになったから、良いかな。当事者は書きにくいものですが。

ブルーな理由はですね、先日ウチの病院の女子トイレにとってもかわいい男の子の赤ちゃん(多分、生まれた日か次の日くらい)が捨てられてまして、今未熟児病棟に入院してるんですね。
最初主治医になりかけたんですが、後輩ちゃんが診てくれています。
もう、なんだかねぇ。切なくなりますね。

> 別のレールを歩き出した人よりも、
> 今まさにすれ違わんとしている人に目を向けるべし!

結構ずしっと来た言葉でした。そうだよねぇ。
すれ違わんとしている人がいるかどうかが問題だけど(苦笑)。

多分、だいじょぶです。
寝れば復活する…気がする。
あ、どこか遊びに行けばいいのかぁ?


>豆センセ
そう、記憶の奥のほう、心の片隅にひっそりしまいこんでいるはずなのに、何かの拍子にひょこっと浮かび上がってくることありますよね。

懐かしいだけなら良いんだけど、気持ちが沈むと結構つらいものです。

いやいや、まだ人生を楽しむまでは達観できてないんですよ。


Posted by GO at 2007年07月28日 01:11
>べすちん
こんな風にくくって言い切って良いのかわかりませんが…

男性はいつまでも未練たらしく引きずって、女性は割りとあっさり切り捨ててしまう。
なんとなくそんな気がするんですけど。
僕の周りだけ?
Posted by GO at 2007年07月28日 01:15
GOさんよりも人生経験のないワタシです(笑)

この曲の原曲って「Fade Roses=色褪せたバラ」って言うんですね。
「思い出」ならば色あせてない方がいいと思うけど(汗) 
どんな過去でも「思い出すこと」は
辛いことじゃなく、楽しかったことばかりだといいですね(^^)


>男性はいつまでも未練たらしく引きずって、
>女性は割りとあっさり切り捨ててしまう。

 この手の話はまさにあの方が得意分野なのでは?(豆爆)

 男性は過去に対してロマンチストで、
 女性は現在に一生懸命なんだと思います。
Posted by べすちん at 2007年07月28日 23:09
>女性は現在に一生懸命なんだと思います。

そうでもない人を発見しました(笑)

渡辺真知子さん
<カモメが飛んだ日
<迷い道

うーん、未練たらしいぞ!>真知子

Posted by べすちん at 2007年07月30日 01:04
><迷い道
>うーん、未練たらしいぞ!>真知子

「・・・いつまでも待ってると誰か伝えて〜♪」
って、他力本願はいかんやろ!>真知子

>懐かしいだけなら良いんだけど、気持ちが沈むと結構つらいものです。

私はこういう↑時、
忘れようとか思い出すまいと思うから
忘れられないわけで、
何があっても忘れないでいよう。
ちゃんと覚えていよう。
定期的に思い出そう(笑)。
と思うようにしています。

そうすると逆にだんだん気持ちが薄れていくような気がします。

男脳と女脳は違うのかしら?
Posted by はるみん at 2007年07月30日 12:35
自分がいま幸せの真っただ中なら、
過去のことなんて思い出してる暇 ありませんでしょ? (^^)!
「アウトオブ眼中」って言うのか〜(懐かし爆)。

幸せの最中に、ふと想い出したとしても、
あんなことあったなぁ、と笑いとばせたり
「楽しかったこと」を良い想い出として思い返せたりするんでは?

過去を振り返ってんと
幸せな未来に目を向けるのじゃ>は(爆)

p.s
そういうワタシは、
将来、老衰で旦那に先だたれたらどうしよう〜、と
今からそんな心配してるんですが(自爆)
Posted by べすちん at 2007年07月31日 01:47
も、もしかして話が私に向かってます?(爆)>べ

そ〜か。話を過去形にしなかったからですね。
私の話は昔のコトで既に浄化済みです(笑)。

フリージャーナリストの故・橋田信介さんの奥様が、
TVのインタビューの中で
「人生は映画の途中でどん帳がおりるようなモノ。
最後の"THE END"を見る人は少なく、
誰も何かしらのやり残し感があるのではないか」
とおっしゃってたように記憶しています。

恋愛もちょっと似たところがある気がします。
但し、二人とも天寿を全うし、
老衰で亡くなる夫婦は除く(爆)>べ

でも確実に違うのは、
恋愛には「次」があることではないでしょうか〜
Posted by はるみん at 2007年07月31日 12:47
べすちん、はるみん

>  男性は過去に対してロマンチストで、
>  女性は現在に一生懸命なんだと思います。

う〜ん、名言だぁ、と思ったのですが、そのあとに渡辺真知子が出てくるとは思わなかった(笑)。
おかげでコメント書くタイミング、しっかりのがしました。


はるみん、時々思い出すとですね、妙にそれを懐かしく暖めちゃうので、結構また沈んだりします。
繰り返してみてもダメなあたりは、やはり「男性は過去に対してロマンチスト」だから??

べすちんの言う、幸せの真っ只中なら、ってのはまさにその通りで、まったく反論の余地なし(どころか深く同意)なんですけど、この場合の「幸せ」ってもしかすると1人じゃ作れないのかな〜? とか思うと、これがなかなか、ままならないものなのよね。でも、まぁ、前向きに、ですね。




Posted by GO at 2007年08月02日 00:03
>>  男性は過去に対してロマンチストで、
>>  女性は現在に一生懸命なんだと思います。
>う〜ん、名言だぁ、と思ったのですが、
>そのあとに渡辺真知子が出てくるとは

申し訳ない(^-^;)
ワタシめも珍しく結構マヂに考えたんですが
文字にするとテレが先行しちゃいました(*^_^*)

真知子ネタは関西人的には「落とし」ってとこですか。でも、好きなんですよ〜 真知子・曲♪


「幸せの真っ只中」は是非 複数(爆)で作って欲しいものですが、
「単独」(爆爆)の場合は過去を想い出す暇もないぐらい「一生懸命になれる物・事」があると良いかも?

とにかく!
過去なんて振り返ってる場合じゃないです!
人生短し、enjoy yourself

恋バナはまたお目にかかった時にでも聞かせてね〜(^^)
Posted by べすちん at 2007年08月02日 00:38
私に人生と言える物があるなら♪
良い歌でしたね。笠木透さんの歌しか知りませんが、私は岐阜県の薬剤師です。
では
Posted by toshimac at 2007年10月24日 23:21
toshimac さん

コメントをありがとうございました。
笠木透さんのバージョンは、まだ聴いたことがありません。チャンスがあれば、ぜひと思います。

これからもよろしくお願いいたします。

Posted by GO at 2007年10月25日 19:10
(FBに書くと、その人に知られてしまうので、ここに書きます。)
まだ、この歌を知らない頃のこと。
学生時代、夏を仲間と過ごした田舎町。
見知らぬ町の見知らぬ人々が乗るバスの中に二人。先に帰る私、バスを降りる直前に「ごめんね・・・。」と言われた。
告白していたわけでもないのに、私の気持ちに気がついていたのでしょう。
仲の良い友が、その人の子を中絶したのを知った夏です。

卒業を待って二人は結婚しました。

時を経て、その人の個展に足を運ぶょになりました。

甘酸っぱい想い出をくれた人は何人かいても、
今も、私のことを「あっちゃん」と読んでくれるはそのひとだけ。

今は、憧れの人ではなく、大好きな染色作家です。




Posted by pippin at 2014年05月08日 20:32
過ぎ去った日々を思い返すと、たぶん幾ばくかの(良い意味での)脚色がのるのでしょう。
過ぎ去った日々は、いつも優しい。それはたとえ悲しい思い出であっても、やはりそっと心をふるわせてくれて、柔らかく包んでくれるような気がします。

まぁ、昔を懐かしむようになるとトシなのだ、と、以前友人に言われたことがありますが・・・(苦笑)

コメント、ありがとうございました>pippin さん
Posted by GO at 2014年05月08日 23:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49109697

この記事へのトラックバック