2006年11月28日

Time to Say Goodbye -Con Te Partiro

本田美奈子さんという歌手は、多分何度か目にしてはいたのでしょうが、亡くなって、多くの追悼番組が作られるようになって、改めて知ったというのが本当かもしれません。
骨髄性白血病は、リンパ性白血病に比べて寛解・治癒率が低い白血病で、これだけ医学が進んで、白血病の多くが決して不治ではなくなっても、やはり難しい病気の1つです。

先日の追悼番組では、仲の良かった森公美子さんが、思い出の歌として「Amazing Grace」と「Time to Say Goodbye」を歌っていました。
そう、この方がソプラノ歌手だって、ついつい忘れてしまうのですが(どうもバラエティ番組でばかり見かけていて)、その歌声のすごさに、これもまた改めて驚いたのでした。

「アメージング グレイス Amazing Grace」は、日本では白鳥英美子さんや、「白い巨塔」の主題歌として Hayley Westenra の歌ったものが有名でしょうが、個人的には Judy Collins が好きです。確かもう随分昔ですが、ダイアモンドのテレビCMで使われたと記憶しています。
森公美子さんが歌われたのもとても素敵でしたが、そういえば、確かに本田美奈子さんの歌も聴いた記憶があります。
昔、初めてホノルルを訪れたときに最初に行った真珠湾で、戦艦アリゾナの上にあるメモリアルホールに上陸(?)したら、この曲が流れていたのが印象的でした。
讃美歌ですが、もはやポピュラーな音楽ですね。

「Time to Say Goodbye」は、何度となく耳にしていて、でもタイトルを知らなくて誰が歌っているのかも分からないまま何年もそのままだった歌でした。
そうか、こういうタイトルだったのか、と記憶しながら聴いたのですが、まさに、あぁ、森公美子さんてソプラノ歌手だよね、とまたまた実感しました(いや、森公美子さんには失礼ですよね)。
本田美奈子さんが歌ったのは聴いたことがないなぁ。身体に似ずすごい声量だということですから、やはり素敵なのでしょうか。

番組が終わってからインターネットで検索をかけて、この歌が Sarah Brightman と Andrea Bocelli のデュエット曲だと知りました。そして Andrea Bocelli が盲目の歌手だ、ということも。
YouTube には、2人のライブ映像がありました。とても感動的で、素敵ですし、他で見る Sarah とはちょっと雰囲気が違って、とても可愛い。
元々はカンツォーネですが、感動的な旋律の広がりが、聴いていて胸を躍らせます。
タイトルだけを見ると、まるで別れの歌のようですが、詩の内容は、これからあなたとともに航海していく、という思いっきりのラブソングですね。

とっても好きなので、思わず CD と DVD と両方買ってしまいまして、先ほど職場に届きました。

DVDは、YouTube とは違って、色々な表情を見せてもらいました。
やはり画像があるというのは良いですね。でも通勤の車内で、しばらくはCDを楽しむと思います。

11月29日追記: 本田美奈子さんが歌う「Time to Say Goodbye」を見つけました。お相手は布施明さんで、これはこれで良いかも。
また彼女が声の音程を変えて「Amazing Grace」を歌ってみせる、Japanese Diva in 2004 というのもありました。ちょっと驚きます。

posted by GO at 19:23 | Comment(3) | TrackBack(1) | 雑文

2006年11月24日

大宰府は雨

当直明けだというのに、しかも今週末の学会では2つ発表を抱えているのに、福岡まで日帰りしてきました。

朝 11:30 成田発福岡行き。
千葉は曇りだったのですが、福岡は雨でした。空港から中州川端まで地下鉄で行って、川端出口から上川端通り商店街を抜け、キャナルシティーへ。ここの5階にあるラーメンスタジアム2でお昼ごはんです。

まずは「初代だるま」で油が浮いているとんこつラーメンです。チャーシューと味玉付けてね(笑)。
前にここに来たのは1年前ですから、その時はこのお店、ありませんでした。
職場で隣の席のラーメン好きな後輩君は、「あ、だるまって聞いたことあります」と言ってましたが、なるほどぉ、という味でした。油は浮いてますが、思ったほどはしつこくない。

で、普通なら替え玉なんですが、そのままスープ飲み干してひとまずお店の外へ。
うわさによれば、博多ラーメンは他のラーメンに比べて、麺が1〜2割少ないんだそうです。替え玉するから?
つまり量が少ないんだから、もう1軒行ってもいいかなぁ、と自分に言い聞かせるんですよ(あれ? ダイエットしてるんじゃなかったの??)。

ぐるぅっとお店を見て回って、今度は「一心不乱」という宮崎県日向市のラーメンにしました。「黒のコクとんこつラーメン」だそうです。
この味、好きです。コクがあって、でもしつこくなくて、1口目に美味しい、と思いました。
さすがに今度は素ラーメン(笑)ですが、お腹いっぱいになってしまって、スープは飲み干せませんでした。担当の女の子はとてもかわいかったんですが、ってそれはいい?(爆)
ここのラーメンは、麺に唐辛子を練りこんだ辛い麺もあるそうです。次回は挑戦してみたいと思いますが、次回っていつだ?

お腹がいっぱいになったところで、雨の中を傘さして西鉄福岡(天神)までてくてく。
乗った急行は「花畑」行きだそうです。趣のある名前の駅ですね。どんな駅なんだか行ってみたいところですが、途中の二日市で降りて大宰府行きへ乗り換え。大宰府の駅に着いたのは、かれこれ夕方の4時近くでした。

太宰府天満宮はこれが2度目ですが、前回来たのは何年前だったかなぁ。確か学会で福岡に来たときに、学会を抜けて訪れた気がします。
駅から太宰府天満宮への参道は、雨の夕方だというのに、観光客でいっぱいでした。

鳥居をいくつも抜け、天満宮への入り口を左に折れると、目の前が心字池です。そうだ、こうなっていたんだっけ。
心字池にかかる3つの赤い橋は、1つ目が過去で、2つ目が現在(いま)。そうしたら3つ目はやっぱり未来か。この3つの橋、1つ目と3つ目が太鼓橋で、なぜか2つ目だけが平らな橋なんですよね。
過去を乗り越えて、平らな今で一息ついて、でも目の前には向こうが見えない未来の山がまた待っている。過去を振り返れば乗り越えてきた山が見えて、未来を見れば乗り越えるべき山があって。セ・ラ・ヴィ、それが人生なのかな。

3つの橋を越えると天満宮の境内。まずは前回と同様、飛梅にご挨拶です。
前回も思ったんですが、囲いの中には3本の梅の木があるんですが、これ全部が飛梅なんでしょうか?? そんなことはないよね。一番手前がそうなのかな。
本殿に詣でて、二礼二拍手一礼。受け持ちの子供に何人か受験生がいるので、彼らの合格祈願と、北の大地に根を下ろした後輩の国試合格祈願。みんな暖かい春を迎えられますように。

そして今回も裏庭を抜けて、石段を登ってお石の茶屋へ。ところがもう閉店なんですよ。あららら。まだ4時半なんですが、梅の季節じゃない今頃は、もうあまり人が歩いていないもんねぇ。せっかくの梅ヶ枝餅を食べ損ねました。

境内に戻る道すがら、かかっている絵馬を見ると、かわいい文字で「べんきょうが できるように なりますように」。思わず微笑んだその横には、娘の合格を願う母の絵馬とか、みんなで受験に受かりますように、とか沢山の真摯な祈りが並んでいます。みんな祈りが通じるといいね。

帰り際にひいたおみくじは「末吉」でした。「災いのおきやすい運気」って、それでも末「吉」なんですか? そういえば境内にある案内板で知ったのですが、僕は今年後厄・大厄なんだそうです。そうだったのか…
「願望:叶い難し 努力せよ」 う〜〜む。
「待人:遅いが来る」 来るんですか? 本当に来ると分かっているなら、いくらでも待つんですが。でも「縁談:無理を通せば悪し」って…? 無理をしなければ良いということなんですかね。あ、でも今年って残りあと1ヵ月半だってのに今気づいた(苦笑)。

おみくじを結んで、来た道を戻ります。未来を越えて現在へ。過去ばかり振り返っていても先に進めないのですが、目の前にそびえる過去は、乗り越えてきたと言っても結構高い山だなぁ、としみじみ思ったりします。過去と未来。現在から何度かその両方を振り返って、ひとつだけ自分の心にけりをつけました。

天神へ戻って中州まで歩いて、いつものように「ふくや」で明太子を従兄弟に送り、中洲川端から空港まで。復路は福岡発羽田行き。
1時間も早く着いたからか、まだスーパーシートに空きがあるそうで、すかさずアップグレードをリクエストしました。
「夕食が出ます」ということなので、空港でさらにラーメンを食べようと思っていたのですが(まだ食べるんですか? だってせっかくの博多だし…)断念。確かになかなか美味しい夕食でした。557Kcal だそうです(笑)。

機内のオーディオ番組には、平原綾香の特集が。「明日」は何度聴いても心に染みます。「思い出をこえられる明日がある」と分かってはいるんですけどね。過去に縛られて動けなくなることだってあるんですよ。

羽田から京急・京成を乗り継いで、0時前に帰宅。
小さな旅でしたけれど、自分の中で少し時計の針が動いた旅でした。
さ、明日からがんばろう。















posted by GO at 03:21 | Comment(6) | TrackBack(0) | 旅行

2006年11月19日

こんな週末です

気付けば佐賀でラーメン食べている人がいたりして、皆さん色々な週末をお過ごしなのでしょうね。

昨日の土曜は第3土曜で仕事が休みだったのですが、病院情報システム室のおに〜ちゃんが結婚する、というので、朝から浦安でした。
もうね、ディズニーランド渋滞してるんですよ、浦安周辺は。高速を降りてからホテルまで、ちょっと大変でした。後で気付いたんですが、別にディズニーランドの駐車場に車を入れるわけじゃないので、ディズニーランドへ行く人たちと一緒に動く必要はありませんでした。抜け道抜けて近道した方が良かった、と帰りになって気付きました(遅)。

シェラトン・グランデ・トーキョーベイは久しぶりでしたが、沢山の結婚式でホテル内はにぎわっていました。新しいチャペルができた、とホテルから広告が届いていましたが、それもあってかなかなかの賑わいなのだそうです。
天気良くて、よかったね。
披露宴も、手作りな感じがして、なかなか素敵でした。
いいなぁ、結婚式。

夕方はずぅっと学会準備でスライド作りしてました。まだできてません。
一部データ整理も終わってません。今週末なんですが、どうしましょう…(苦笑)。

今日の日曜は天気悪いですが、病院で当直してますから、その方が遊びに行きたくならずに良いかもしれません。
そういえば今日、成田にエアバス社の総2階建て飛行機(A380)が飛んでくるんでしたっけ。きっと空港は、見物客でにぎわっているんでしょうね。
明日昼まで病院に拘束されているんですが、明日の午後じゃ、もう飛行機は飛んで行っちゃってるよね?

データ整理とスライド作りに飽きて(こらこら)そんなことを考えながらこうしてインターネットで遊んでいたら、北海道のカニ屋さんから立て続けにメールが来ました。

1つは前にカニとイクラを買った「カネキタ北釧水産」で、【9周年記念セール】大人気の「ぷりタラ」【限定100セット】まかない用「朝茹で」ぷりぷり本タラバガニ足1.5kg入(オス)が¥4,980。まかない用ですから、身がぎっしり、というわけじゃありませんが、結構楽しめます。前に頼んだときは、美味しかった。

あ、いいなぁ、と思っていたら、もう1つ、ここは最近なぜかダイレクトメールが来るようになった「北国からの贈り物 加藤水産」からも似たようなメールが来てました。【訳あり】カニ食べ放題1.5kgセット(冷凍)
タラバにアブラ、ズワイ、紅ズワイ、花咲蟹などの詰め合わせで、¥3,980。こちらも【訳あり】というのは、まかない用ということのようです。

う〜ん、どちらも写真見ると美味しそうなんですよね。
別にお歳暮じゃないので、まかない用で充分です。値段勝負(笑)。
どちらか ぽちっとな しようと思って、どちらにするか悩んでます。う〜ん…

11月28日追記: で、結局「カネキタ北釧水産」の方を ぽちっとな してしまいました。12月3日に届くそうです。楽しみ(笑)。

posted by GO at 14:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2006年11月15日

笑わせてくれます 「言葉にできない」

「言葉にできない」といえば、小田和正の素敵な曲ですが、その音楽にのって現れる映像が笑わせてくれます。

一服の清涼剤に。

http://www.youtube.com/watch?v=6M1yGndpz9s

教えてくださったマイミクさま、ありがとうございます。
posted by GO at 23:38 | Comment(3) | TrackBack(0) | 雑文

2006年11月13日

カウント集計ソフトで「正」の字が不要になったの

今月末の学会準備で、せっせとデータ取りをしているところです。

小児急病診療所を受診された喘息患者のデータを集めているのですが、準夜・深夜・日勤の各勤務帯にそれぞれ何人の患者さんが受診したか、カウントしています。はい、台帳がパソコン管理されていませんので、紙の台帳に総当りで、せっせと「正」の字を書いて、数を数えていました。

しかも各勤務帯で二次病院に転送になった患者数も知りたいので、各勤務帯をそれぞれ「一次のみ・二次転送」の2つに分けてカウントしますから、項目数は全部で6つ。
もう泣きそうでした。

何か簡単にカウントできるソフトは無いのかな、とぐぐってみて見つけたのが「Five_counter」というソフトでした。
テンキーの1〜5にそれぞれ項目名をつけて、各ボタンを何回押したかカウントしてくれます。
医療関係者でしたら、顕微鏡で白血球分画をカウントする際に使うカウンターを思っていただければ良いか、と思います。

もうね、本当に便利なんですよ。
「正」の字を書かなくて良いし、自動的に集計してくれていますから、後で「正」の字を数えなくても良い。

作者様にお礼のメールを送って、「項目名が保存・再利用できたら便利なんですけどね」とちょこっと書いたら、作ってくださいました。わずか1時間で。
その対応の早さにも感動ですが、ソフトはさらに便利になりました。

自分で Excel でマクロ書くしかないかなぁ、と思っていたのですが、もうこのソフトで充分です。
同じようなソフトを探されている方、ぜひお試しください。

イチオシです。

あ、でも項目名保存可能バージョンの公開は、少し後になるのかもしれません?
posted by GO at 18:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑文

2006年11月10日

ひこうき雲

外の病院で仕事をして戻る途中のお昼、水色の空に1本のひこうき雲がすぅぅっと直線を描いていました。

ひこうき雲、いいなぁ。

先がどんどんと伸びていくわけで、雲の先頭は当然飛行機ですよね。
どこへ行くのかなぁ、と考えながら、ぼぉぉっと見ていました。

いえ、いくら飛行機の旅が好きで、成田空港が近いったって、「今○時で、あの雲の方角は○だから、きっと○時発○○行きの○○航空かなぁ」なんてヲタなことは考えません。いえ、たまには「あ、バンコク行き?」とか考えることありますが、今の時期はバンコク行きが出る頃は、もう暗いもんね。

前にベルサイユ宮殿へ行ったとき、頭上にそれこそ数え切れないほど沢山のひこうき雲が折り重なっていて驚いたことがあります。
確か雲が出る気象条件てありましたよね。忘れたけど。

ひこうき雲見て旅情をかきたてられるのって、変?(笑)
posted by GO at 19:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 雑文

2006年11月09日

ダイエット−その2 (リエータ編)

お昼休みです。
午後の仕事を前に、のんびりできるのはつかの間の幸せです。が、仕事は山積だったりする…(涙)

さて、太ったかなぁ、を何とかしなくちゃと思い立って、まずなぜ太ったのかを分析しました(あ、理系? 笑)。

まず運動不足。食べた分を消費できてないんでしょうね。
次に夕食が遅くなっていて、お腹すくから食べこんじゃう。
朝はせいぜいヨーグルトしか食べてないから、お昼にも食べこんじゃう。

このあたりが原因かなぁ、と考えました。

運動不足は、お疲れモードなのでまだジムへの復活は遠そうです。たまには泳ぎに行けば良いんだけどね。サボり癖がついてます。
夕食は少し早くなったかなぁ。夜8時〜9時には食べられることが増えました。でも食べこんでいるかなぁ。
朝はどうしても食欲ないし、時間も無いので(寝坊ですか? 苦笑)、やっぱりヨーグルトぐらいがせいぜいなので変わらず。
あまり食べない分、吸収が良すぎるんでしょうか…

なかなかうまいこといかないかなぁ、と悟った頃、毎日100通近く来るSPAMメールの中に、ダイエット特集なんてのがありました。
その中にあったのが、「失敗しようがないダイエット特集 〜全告白!ダイエット経験者1154人の秘密!〜」と「初公開! カリスマモデルのスーパーダイエット!」の2つ。どちらもセンセーショナルなタイトルです(笑)。興味を持ったんですが、いわゆるちまたにあふれる「情報商材」というヤツで、これらって玉石混交で立ち読みできないのがつらいところなんですよね。値段も結構するし。

ただ、両方のWebをのぞきに行くと、確かに興味惹かれたんですよ。
で、両方は買えないので、最初の方を えいやっ! と買いました。効果なかったらお金返してくれるって言うし(笑)。
カリスマモデルの方を買われた方、情報交換しましょう(爆)。

内容は、大きく2つの柱があって、1つは女性なら簡単、もしくは都会なら割と簡単、という内容なんですが(さすがに全部ばらしちゃマズイんでしょう)、もう1つはやっぱりお約束の「摂取カロリーを減らす」お話でした。
これは僕も考えてはいたんですよ。でも食べないとお腹すくから続かないし、その分食べるときに食べ過ぎるので、結局続かないんですよね。
そんなことを思いながら読み進んでいたら、無理なくカロリーを減らせるように、代替食品が色々と紹介されていました。
なるほどなぁ、こういうローカロリーのものを食べれば良いのか、と気付いたとゆ〜か、女性ってこういうもの食べたり飲んだりしてダイエットしてるわけ?? と「!」だの「?」だのが飛び交ってました。
こうした紹介の中で作者がイチオシと勧めていたのが、キリンが出している「リエータ(Lieta)」でした。
ドリンクはちょっとなぁ、と思ったのですが、良く見るとスープがあるんです。1食170Kcal前後で、500円しない。これなら良いかな、と試しにマツモトキヨシ(笑)で5種類入りのを買ってみました。ところがこれが案外に良いんですよ。それなりに満腹感があるし、少し腹持ちもします。これなら続けられるかなぁと思っていたら、さらに新聞に、スープバージョンの新メニューが大々的に広告されていました。12月までならマグカップが付いてくるそうです。プレゼントには弱いんです、僕(爆)。
で、Webから申し込みました、「野菜のごちそうリエータスープ」。
これも結構美味しいです。

というわけで、最近は昼食をこのリエータスープにしてます。
そしたら、確かにこの1ヶ月でいきなり2kgくらい減りました。ズボンがすこぉぉしだけゆるくなりました(嬉)。
なので、隣の席の後輩様、あんまり嬉しそうに「お昼行きましょうよぉ」と誘わないでください(笑)。

ただ、お腹ぽっこりをさらにへこますには、やはりこれだけではダメなようです。
2本柱のもう1つに挑戦するか、他の事を考えるか…
さて、どうしようかな。


posted by GO at 14:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑文

2006年11月07日

今月のANA機内チャンネルは宝塚

そうだ、宝塚が大好きな同業者のために情報を持ってきたんだった。

今月のANA国内線の Sky Audio (機内のリスニングチャンネル)には、宝塚の特集があります。
「序曲〜愛あればこそ」のベルバラ(朝海ひかる・舞風りら)から始まって、ファントムの「Where In The World」(春野寿美礼)や Me and My Girl の「ランベス・ウォーク」(天海祐希 あ、このヒト好き)、エリザベートの「不幸の始まり」(一路真輝)、最後はやっぱり「すみれの花咲く頃」(姿月あさと)まで、全20曲。

札幌−成田の機内でちょこっとだけ聴きました。

この話を聞けば、大嫌いな飛行機でも乗るんじゃないか、と思ってせっせとメモを取ってきたのですが、すでに大阪まで片道(だけなのね〜 笑)乗っているご様子。さすが?
知ってて乗ったのか、乗ってから知ったのか。どちらなんでしょうね。

posted by GO at 01:24 | Comment(2) | TrackBack(1) | 旅行

2006年11月03日

札幌に行って来ました

午前中の成田−千歳便で飛んで、札幌入りは午後2時頃でした。
想像通りに、結構空気は冷たかったですね。

そういえば「新」千歳空港になってから2度目なんですが、前回は空港まで友人が迎えに来てくれましたので、電車に乗ったのは今回が初めて。
「旧」千歳空港のように長い渡り廊下を歩くのではなく、地下に降りたらもう駅なんですね。驚きました。

スープカレーはですね、どうもつるるんご推薦のお店が、ホテルと学会会場の位置関係を考えるとどれも微妙に不便で、結局駅前西武の地下にある「木多郎」で、チキン野菜カレーを食べました。美味しかったです。
でも、最初の1口目をうっかり「ぼたぼたぼた…」とスプーンからお皿にこぼしまして、跳ね返りが見事にワイシャツに付きまして、「うわぁぁ、これから学会で発表なのにどうする??」状態に突入しました。
うっかりしました。スーツの上着を脱いでいたのがせめてもの救い。えへへ(苦笑)。
お店出て、そのまま近くのローソンに駆け込み、染み抜き買いました。予想外に良く落ちてくれて助かりました。

学会後、東北大と秋田大の両教授とすすきのに繰り出したのは良いのですが、タクシーの運転手さんに勧められて連れて行かれたお店は、ほとんどぼったくりでしたね。あの船盛で 6,800円はないぞ(怒)。
足りない、というみんなの意見でラーメン横丁行くことになりまして、タクシーの運転手さんに「どこ?」って聞いたら、「近いですよ。いいですよ、お金払ってくれるなら」とのお返事。乗り込んだら、走り出してすぐの交差点を右折して 10m でストップ。着きましたって、おおぉぉい、これで 600円取るのは、やっぱりぼったくりじゃない??(怒怒)

三平で味噌ラーメン食べるのが良い、という話になって、ラーメン横丁から再びタクシーに乗り込む一同。運転手さん、「う〜ん、聞いたことあるお店だな。でも、南1西3にあった?」 で周辺をうろうろしたあとようやく無線で予約センターに問い合わせ。「三平? 南1条西3丁目ですけど、営業時間終わってますよ。夕方6時半までになってます」 …なにぃ? まだ8時なのに、もう終わってるんですか??
呆れている我々に運転手さん、「じゃ、違う美味しいお店に連れて行ってあげるよ」って、着いたら、南8西6。あたりはネオンも無く暗くて、思えば遠くへ来たもんだ、状態です。

で、肝心のラーメンは、う〜ん、美味しいというにはちょっと微妙に…
ここまで見事にタクシーに裏切られると、もうみんな何も言えず、ただ黙々とラーメン食べて、全日空ホテルの最上階ラウンジへ逃げ込み、ここで24時過ぎまで飲んで憂さ晴らししたのでした。

事前調査が重要だと思い知らされた一夜でした(笑)。

posted by GO at 00:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行