2006年02月24日

仰げば尊し

昨日(22日)は、大学医学部の卒業謝恩会でした。
昨春から医局長してますので、今年は出席してきました。初参加です。
理事長や学長とちょこちょこっと話をしたあとは、2年後の入局予定者の学生君とそのご両親と、ずっとお話ししてました。
目の前のテーブルには、美味しそうな料理が並んでいましたが、さすがに周囲の空気読むと、パクついている雰囲気じゃない。すきっ腹に飲むシャンパンやワインは効くんですよね…
国試が終わってほっとしている卒業生たちの、嬉しそうな笑顔とはしゃぎぶりは、見ているこちらも幸せになります。もっともみんな、このあと地獄の(?)研修医生活が待ってるわけですが(笑)。

地方の国立大学の謝恩会と比べてはいけないんでしょうが、さすがに私学は立派だなぁ、と何となく思いました。女学生たちのドレス姿もすごかったですが(ティアラ付きですか…)、噂に聞く謝恩会参加費用も、べらぼうに高かったようで。
僕らの卒業式・謝恩会では、ドレス着てた女学生っていたっけか? 袴はいたよねぇ。
大学の校歌を初めて聴きました。えぇとまた聴きたいと思ったら、どうしたら良いのでしょうか?

そういえば、最近の卒業式では「仰げば尊し」は歌わないのですね。小学校だけでなく、中学や高校も。
なんでも歌詞に問題がある、ということですが、わが師の恩を尊いと感謝する気持ちを持たせずに、教師のアイデンティティは確立できるんでしょうか?
確かに僕らの大学卒業式でも歌わなかったなぁ、と思い出しました。僕らが卒業する頃はまだ校歌がなかったので、せめて「仰げば尊し」くらい歌いたいと希望したのですが、なぜか却下されました。今は校歌できたんでしたっけ?>母校の後輩君たち

「身を立て 名をあげ やよ励めよ」 やはり人として生まれたならば、一度は世間に名前を広めたい、というささやかな(?)野望(笑)はあるわけですが、本当はこの歌詞、「親孝行の奨励」につながる深い意味がある、という論文もあります。
「名をあげたあと」を重視したのが明治時代なら、平成の世はどうなんでしょうか(とライブドアのニュースを見ながら思う)。

卒業式で忘れられない歌は、小学校の卒業式で歌った讃美歌「はるかなる望みを胸に」です。
「きよきわざ世におこないて みさかえを共にあらわさん」 そもそも「人になれ 奉仕せよ」が校訓の学校でしたが、人たらんと欲するなら世の中のために働きなさい、という教えは、ほんのわずかではあるものの、確かに自分の中に根付いているかなぁ、と思います。

「出でゆくは 青き海原、
 荒 波 も 乗りて行かまし、
 疾風をも  突きてぞ進まん、
 目指しゆく 港のあれば。」

2番のこの歌詞が好きです。
いつもこの歌詞から、自分の夢や目標に踏み出す勇気をもらいます。

卒業生のみなさんに贈ります。
ご卒業おめでとう。そして4月から頑張ってね。
posted by GO at 02:40 | 千葉 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 雑文

2006年02月17日

風邪…かな?

ごほごほと咳込みながら、当直業務をこなしています。
今日は二次当番の日ではないので、救急外来は静かなのですが、こんな日に限って NICU が荒れてます。なんで在胎36週なのに、RDS(新生児の呼吸障害)になんかなるんだ??
ようやく少し落ち着いて、思わずこれ書いてます(早く寝れば良いのに… そうね)。

月曜日(13日)の夕方に、なぁんとなく咳をしていたら、同僚が「咳喘息ですかぁ? プレドニン飲みます?」と心配してくれました。喘息じゃない、と言い切る自信が無くて、笑ってごまかしてたんですが、14日にはすこしずつ咳が増加。それでもまだ午後の専門外来は元気だったんです。チョコレートたくさんもらったし(笑)。
ところが15日の朝には声がでにくいんですよ。しかたないからヴィックスなめながら午前の一般外来を片付けたんですが、どうも午後には熱が出てるらしい(…らしいって、はかってないんですか?)。夕方の会議になったら、目の前はチカチカするし、なんとなくボーっとするし、寝たいし、「あ、こりゃダメかも」状態でした。タミフルは手持ちがありましたが、カロナール(熱さまし)持ってない。もし Flu だったら、やっぱりカロナールが安心だしなぁ、と入手して帰宅しました。
夕食もそこそこに早めに寝たのですが、夜中に何度か暑くて目が覚める。寝汗もかいてるし、熱出てるんでしょうね(まだ計ってないのね… だって本当に熱があるともっと具合悪くなるし…)。
寝汗ひどくて、今日の朝は起きてシャワー浴びました。朝にシャワー浴びると、外に出たとき寒くて風邪引くんですけど…(苦笑)
学会出張中の同僚の代わりに臨時で午前の一般外来を担当。外来に行ったら、看護師たちが「インフルエンザの検査しよぉ」とか嬉しそうな顔してました。切なく痛いんですよね、Flu の検査は。「陽性だったら出勤停止(=臨時の休暇)じゃん」と喜んでいたんですが、やっぱり結果は陰性でした。外来には Flu 多いのにねぇ。
ヴィックス片手に何とか外来をこなし、そのまま午後の専門外来をやったら、ますます咳ひどくなってます。

強く咳込んでいるんで、胸が痛いんですね。あきらかに筋肉痛です。
こういうときはヴィックス・ヴェポラッッブが効くんですよね。ひんやり気持ち良いです。TVのCMとは違って、塗ってくれる人がいないので、自分でごそごそ塗っているんですが。
痰の絡まない乾いた咳が中心ですから、本当はリン酸コデインで咳を止めちゃうのが良いのですが、ウチで出すと麻薬処方になっちゃうんですよね。こういう時は、マツモトキヨシあたりでアネトン咳止めシロップを買ってくるのが良いのですが、明日じゃないと行けない。仕方がないので、レスプレン(咳止め)を処方しました。
あとは、ビタミンCのパルスですね(笑)。C's CASE VC2000 が最近のお気に入りです。あのすっぱさが美味しいということは、身体がビタミンCを欲しているんでしょう(ほんと?)。
ちょこちょこと小分けにして飲んでますが、飲みすぎると下痢するんだよね。

さて、明日は午前が外勤で、夕方には喘息の講演会講師しなくちゃならないんですが、少しは良くなってるんでしょうか。
外来では、「小児科医は風邪ひかないって言ってたのに、嘘つき」とか言われてますが、ひくときはひくんですってば。通常はめったにひかないけど。別に歳取ったわけじゃないの。
というか、そもそも本当に風邪…なのかな? レントゲンとってスリガラスの影あったら、どうしましょう…(抗生剤飲んでないんですか? やぁ、ふつーの風邪なら効かないモンねぇ)
週末休めたら良いんですけどねぇ。そういえば小児地方会の座長頼まれてたんだっけ…

posted by GO at 03:19 | 千葉 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | 雑文